Go Go ! Amnesia !

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 いなは画伯の挑戦状7 世界が望んだ忘れ物
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit
   

バカネジア

いなは画伯の挑戦状8

 
 いなは画伯の挑戦状7 世界が望んだ忘れ物
「それはまるで、黒い霧のようだった」
こう語るのは、辺境を巡察していたプロンテラ騎士団の団員である
「山のように大きいな・・・という表現を使うことは良くあるが、実際に山みたいにでかいモンスターは、俺ははじめて見た」
そう言って、彼は一枚の写真を差し出した

黒田img

そこに写されていたのは雄大な山と、今は廃墟と化した農村、そしてこちらを見る『黒い何か』であった
「あいつと目が合った瞬間・・・手を振りながらこっちに向かってゆっくりとこちらに向かって動き始めたんだ・・・。知能の高い、友好的なモンスターかと思ったよ、何せ新種なんだからな・・・。だが、良く見たらあいつの足元ではストームガストやメテオストーム、そしてロードオブヴァーミリオンが吹き荒れていた・・・俺や、他の団員は慌ててその場から逃げたさ。あのまま居たら、俺たちは確実に死んでいた」
そして彼はさらに、驚愕の事実を記者に打ち明けたのだ

「奴は確実に目標を持って、ゆっくりと進んでいる。
 何処に向かうつもりか分からないが、奴の進路の先には・・・、プロンテラがある。
このままいけば半月で、奴はプロンテラにたどり着くだろう」


その話がミッドガルド中を震撼させ、その数日後、世界中にトリスタン国王からお触れが出回った




「新種の巨大モンスター、黒霊獣『ハイクロダデス』を討伐せよ」

先遣した討伐隊は全員命に別状はないものの重傷
しかも報告では、剣も、魔法も通用しなかったらしい

だが、ひとつだけ突破口になりうる情報も得ていたのだ

目のようなコア部に矢、及び銃弾の被弾を確認できたことだ

トリスタン国王は直ちに全世界のギルドに協力を仰いだ

プロンテラ騎士団は討伐隊の進路を確保するための露払いとなり

ゲフェンの魔術師ギルドは、ハイクロダデスの進行を防ぐための結界の作成を急ぎ

フェイヨンを主拠点とする弓手ギルドは、選りすぐりの精鋭を派遣

セージギルドは過去の文献からハイクロダデスを調べ始めた

アサシンギルドもまた、弓手の為に対ハイクロダデス用の新毒の研究を始めた

その他多くのギルドも、討伐に協力を惜しまない姿勢であるが
深刻な人手不足
その問題は、ハイクロダデスによって徐々に、しかし確実に大きくなっていった

このままではプロンテラは奴の手によって破壊されてしまう
魔王モロクの再来とも言える絶望に、人々の心は次第に折れていった

しかしその最中、人々の心の闇に再び光が差しはじめた


冒険者たちのギルドが、ハイクロダデスの討伐に名乗りを上げたのである

すぐに国王はこれを承諾した



そしてこれより、人間と、災厄との戦いの火蓋が切って落とされたのである





奴に攻撃できるのはコアを直接攻撃できる弓手かガンスリンガー、その他遠距離物理攻撃が行える者のみである

しかしブラックスミス、アルケミストギルドの全面協力により、
ハイクロダデスが通ると思われる山々には
攻城用バリスタをいくつも建造されている
これにより、どんな者にも奴を攻撃することが可能となっている

なお、魔術師部隊によりいくつもの魔方陣が設置されている
これに向かってクァグマイア、またはアイスウォールを発動することで
その効果は数十倍にも強化され、奴を足止めするには十分なものとなっている。ただし、この魔方陣は数回しか効果がないので、
前述のバリスタ部隊と如何に連携できるかが鍵となっている






世界を揺るがす未知の大敵
世界の希望は今はまだ名も無き冒険者たち
人々の命を、明日を守って欲しい

健闘を祈る














って、いうイベントとかないっすかね?ガンホーさん?
スポンサーサイト



もくじ   3kaku_s_L.png   バカネジア
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【いなは画伯の挑戦状7】へ
  • 【世界が望んだ忘れ物】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。